管理薬剤師として調剤薬局で勤務、9:00-25:00の激務が5カ月続き、体重20s増えてしまった話。

管理薬剤師として調剤薬局で勤務、9:00-25:00の激務が5カ月続き、体重20s増えてしまった話。

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
25歳

【当時の職業】
耳鼻咽喉科クリニックの門前調剤薬局の管理薬剤師

【当時の住まい】
賃貸マンションで独り暮らし。
自炊する暇がなく、毎日外食かコンビニ弁当で暮らしていました。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
高校の同級生が、私より1年先にチェーン薬局A社に入社。
私は大学1年時に留年してしまったため、友人が1年先に社会人になりました。
学生時代の会社説明会と入社後のイメージも差がなく、向上心のある人間が多い会社だという情報を聞いたので入社に至った次第です。

【環境と仕事内容】
管理薬剤師として、在庫管理・OTC売上向上のための案・受付枚数向上に向けての案
従業員は事務員1人・薬剤師3人(内、パート1人)
給与は400,000円(管理薬剤師手当、薬剤師資格手当含む)
グループ薬局への応援・夜勤・日曜休日当番
患者対応を重視していた調剤チェーンなので患者には印象良かったと思います。
休日は水曜・日曜・祝日・年末年始
通常営業時間は9:00-19:00

【大変だった時期】
新卒で就職し、3年目で管理薬剤師として都内の薬局へ人事異動になった頃




【大変だったこと】
人間関係は薬局従業員、門前医師共に非常に良好でした。
しかし、門前クリニックがWeb予約制を採用しており、18時までに予約すれば、19時を超えても受診可能だったので、
特に花粉症・風邪流行の時期には、終了時間が日を跨ぐことが多々あり、労働時間が長くなりすぎました。
薬歴が溜まってしまい、休日の水曜に出勤し薬歴記入をすることもしばしば。
食生活も破綻してしまい。
体重が20s増え、健康的にも参ってしまいました。
他の店舗からのヘルプの案も出ていましたが、当時の私は管理薬剤師として異動してきて結果を出したかったため、全部1人でやろうとしてしまい体を壊してしまいました。
その店舗に異動してきて1年経つ頃には寝つきも悪く、休日も常にボーっとしていたり、無気力でした。

【大変だった期間】
管理薬剤師として働きだしてから1年半後まで。
今は地元群馬に戻り、地元の調剤薬局で働いています。




【当時の心境】
異動して半年ぐらいは、毎日出勤するのが楽しみだったのですが、1年ぐらい経つと、やる気はかろうじてあるものの常に寝不足で出勤することになり、辛かったです。
売り上げ・人間関係が非常に良好だったのが唯一の救いだったと今では思います。

【職場が大変だった原因】
自分に落ち度がありました。
ヘルプの提案は何度も受けましたが、「これくらいで泣き言は言えない」という考えが先行してしまい、ヘルプの提案を幾度も断ってしまい、
結果、自分の首を絞めてしまう結果となりました。




【仕事で良かったこと】
とても大変でしたが、門前病院以外の医療機関へ訪問し、新規の病院・クリニックから処方箋を獲得し営業利益を伸ばせたことは今でも誇りに思っております。
そのたびに、上司・同僚から称賛の声をかけてもらえたので嬉しかったです。




【特にひどかった最悪の出来事】
通常営業日では朝9時に出勤し、翌日1時まで仕事。
休日は溜まった薬歴処理ために朝9時から夕6時ごろまで仕事。
花粉症風邪流行などの繁忙期での業務が2月から5月ごろまで連日で続きました。
体はボロボロになり、食事もろくに喉を通らず、「うつ」とまではいってなかったと思いますが、その寸前まではいっていたのではないかと思います。
「特にひどい最悪の状態」が5カ月続いてしまいました。
このひどい状態のときに、他の店舗の管理薬剤師が私の業務に対してチクチク文句を言って来たり、電話等で仕事の邪魔をしてきたりした時期が重なったので、
殴りつけてやりたい気持ちになってしまいました。
思い出すだけで今でもイライラしてきてしまいます。


【相談した人・助けてくれた人】
相談してきてくれた上司・同僚は大勢いました。
ですが、私は「全然大変ではないよ」と強がってしまい、応援の提案を幾度も断ってしました。
上司には一切愚痴をこぼしたりはしませんでしたが、特に仲の良い同僚に対しては愚痴をこぼしたこともあります。

【改善のための行動】
味方はたくさんいましたが、唯一他の薬局の管理薬剤師が私の業務内容に対して、チクチクと文句をいってきたり、
通常営業日の営業時間中に、優先順位の低い仕事の確認等を毎回電話でしてきたりと、非常にイライラしました。




【現在の状況と心境の変化】
それから10年経ちました。
私は転職し、現在の職場では9時〜18時までの営業時間で、残業はほぼなし。
午前中は非常に忙しい職場ですが、地元群馬で私の幼少期からお世話になっていた方も患者として来局し、良くしてくださっています。
私生活もスポーツ・育児等で良い意味で忙しく、とても充実した毎日を送っております。

【学んだこと】
苦しいときは1人で抱え込まず上司に必ず相談する。
会社はチームであることを認識し、負担が個々に集中しないようにすることが重要である。



【当時の自分へのアドバイス】
営業利益をあげるのは重要だけれども、それで自分の体調を壊してしまったら意味がない。
周りをもっと信用し頼ることが大切だよ。
信用し頼ることが、さらに周りとの絆が強まり、自分にはないスキルを得られることだってあるんだよ。
絶対にしてはいけないことは、抱え込まないこと。
身体的負担・精神的負担があれば必ず相談すること。