夏は食べ物から美白を促進する、インナーケアがおすすめ

夏は食べ物から美白を促進する、インナーケアがおすすめ

夏は食べ物から美白を促進する、インナーケアがおすすめ

紫外線量がどんどん増えるこれからの季節、夏。

 

白い肌をキープしたい人にとって、油断は大敵ですよね。
いくら熱心に日焼け止めを塗っても、気づけば少し焼けているような・・・そんな経験はありませんか?
そんな時は、食べ物から美白を促進する、インナーケアがおすすめです。

 

 

今回は美白に効果があるとされている食べ物をご紹介したいと思います。

 

 

■フルーツ

 

美白の代名詞といえばやっぱりビタミンC。メラニンの生成を抑えてくれる役割があります。そしてそのビタミンCが多く含まれるのはやっぱりフルーツです。夏はさっぱりしたものが食べたくなりますし、手っ取り早くビタミンを摂取できるのでおすすめです。中でもやはりレモンやオレンジといった柑橘系、あとは意外なことにいちごにもビタミンCはたっぷり含まれているんですよ。
ここで、注意しなければいけないのがフルーツを食べる時間帯。朝ご飯の代わりに食べるという人も多いかもしれませんが、実は柑橘系フルーツには「ソラレン」という紫外線を吸収しやすい成分が含まれています。なので、夜に食べることをおすすめします!

 

■はちみつ

 

意外なことに、はちみつにもビタミンCが含まれているってご存知でしたか?砂糖に比べ、カロリーも低いので積極的に摂取しても問題ありません。しかも、はちみつには保湿力やピーリング効果も期待できるので、食べるだけでなくいつもの洗顔に1〜2滴入れるという方法もあるんです!多様な使い方ができる、美白と美肌の味方なんです。

 

■トマト

 

トマトといえば、リコピン。聞いたことがあるという人も多いかもしれませんね。このリコピンには、強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、簡単にいえば「さびなくする作用」。シミやくすみを飛ばして、肌を白くしてくれる嬉しい効果があるんです。肌のターンオーバーを促進してくれるので、少し紫外線を浴びすぎてしまったなという時は、積極的に摂取したい栄養素です。ちなみに、夏の風物詩、すいかにもリコピンは含まれています!

ホーム RSS購読 サイトマップ