自分の肌を綺麗にするなら、体の根本から

自分の肌を綺麗にするなら、体の根本から

自分の肌を綺麗にするなら、体の根本から

美肌というと女性なら誰でも飛びついてしまうフレーズ。

 

タレントや女優のような美しい肌になるには、どうしたらいいのか悩んでいませんか?
いろんな美肌製品を肌に継続的に付けるのでしょうか?それとも他にも美肌になる方法があるのでしょうか?

 

肌をきれいにするということは、元の細胞を綺麗にしなくては美肌には絶対になれません。
自分の肌を綺麗にしたかったら、やはり体の根本を綺麗にすることが重要です。

 

ところが便秘になっていては、美肌になるのは難しいですよね。
便が腸内に溜まっていくと、腐敗菌が蔓延して有害なガスを発生してしまいます。
ニキビや吹き出物が現れる原因になるので、美肌を目指すには便秘を改善することから始めましょう。

 

腸内が綺麗になるには、腸内の善玉菌を増やせば腸内は良好になります。
発酵食品が良いともてはやされているのはこうした便秘を治すことができるからです。
毎日の食事に発酵食品を摂り入れて、充分な水分を摂るようにしてみましょう。
そして出来るだけ下半身を動かす運動を行います。

 

善玉菌を増やすのは、ヨーグルト、納豆、キムチ、ごぼう、ぬか漬け、麹漬け、甘酒など。
菌が増えるような環境を腸内に作ってあげるとスムーズな便通が起こり、便秘が改善していくのです。
すると肌もつやつやしてきて、にきびや吹き出物も少なくなります。

 

これだけでは美肌は保てません。これに加えてミネラルやビタミンも豊富に取り入れましょう。
果物は糖分が非常に高いものが多いので、嫌われる方もありますが、バナナや柿など糖分が多いものをたくさん食べなければ
大丈夫です。ビタミンCが豊富に含まれる柑橘系やキウイは特におすすめです。

 

逆にこのビタミンCを奪ってしまう食品は、控えるようにしましょう。
コーヒーやアルコール、たばこなど、刺激の強い嗜好品はできるだけ控えなければ美肌にはなりません。

 

さらに、適度な運動も必要です。激しい運動は疲労物質を作りますから、少し汗ばむ程度の
ランニングやストレッチでも良いでしょう。汗をかくことで新陳代謝を高め、美肌にしてくれます。

 

美肌は日々の生活の現れと言ってよいです。誰が見ても美しい輝く肌は、体の中から溢れる健康が出ているからかもしれませんね。

ホーム RSS購読 サイトマップ