美肌を損なう恐れのある電磁波や光が肌に与える作用

美肌を損なう恐れのある電磁波や光が肌に与える作用

美肌を損なう恐れのある電磁波や光が肌に与える作用

電磁波や光が肌に与える悪影響を知っていますか?

 

 

ここでは美肌を損なう恐れのある電磁波や光が肌に与える作用について解説していきます。

 

 

電波が皮膚へ与える影響 

 

 

電波は例えばテレビやラジオ、携帯電話などから発しています。赤外線には皮膚の血管を拡張したり、コラーゲンやエラスチンの生成に関わる筋肉への過剰な収縮を弱めて、シワを予防する作用が期待できます。

 

 

昔から皮膚への影響はいいものと考えられてきました。ですが、近年では赤外線、中でも近赤外線を浴びると血管拡張が継続的に起こり戻らなくなる事が確認されています。これにより起こる問題は酒さと呼ばれる病気です。また炎症性皮膚疾患が悪化したり、コラーゲン分解酵素が誘導されてシワができたりします。

 

 

ですから、普段の生活の中で赤外線はあまり浴び過ぎないようにしたいところです。

 

 

紫外線の皮膚への悪影響 

 

 

紫外線はまさに両刃の剣です。皮膚には300nm付近のUVBを浴びる事によって、ビタミンDを生成する作用があります。一方では紫外線を浴び過ぎると、皮膚細胞のDNAが傷を受けて、急性皮膚障害や慢性皮膚障害を起こすとされています。急性皮膚障害には紫外線によるサンバーンなどがあります。慢性皮膚障害はシミやシワ、良性皮膚腫瘍などの出現を強めてしまいます。

 

 

さらに最悪のケースでは日の当たる場所に皮膚がんを起こす事もあります。慢性皮膚障害は浴びた紫外線の強さや時間に比例して進行していきます。急性皮膚障害の場合には、特に外での活動が増える夏などに男性に起こりやすいです。過度の紫外線を浴びる事は避けるべきですが、といって全く浴びなるくなるとビタミンDが生成されずに骨粗鬆症などの危険性が高まります。さらには高血圧や自己免疫疾患、悪性腫瘍などにもかかりやすくなるとされています。紫外線を怖がり過ぎる事無くサンスクリーン剤、帽子、日傘などを使い、太陽紫外線と上手に付き合っていく事が重要と言えるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ